溺愛してる愛犬アメリカンコッカースパニエル“こみき”のこと&ひとりごとや旅行のお話


by komikimaru

年の瀬に

近くに住んでるのに、なかなか会えなかった古くからのわん友さんご夫婦と食事をしました。
散歩でバッタリとか、スーパーのエスカレータですれ違ったりetc.会える時は会えるのに、なぜか今年は本当に久ーしぶり。
そんな話をしつつ、ファーストオーダーも済んだ頃、夫の携帯電話が鳴った…ったく仕事の電話かよ。
「うんうん、一緒だよ、分かった、変わるね」
へ?私あて?かたじけない…で、変わると姪3からでした。
「ちょっと~携帯10回くらい電話したんだけど!こみきが大変です」
「ええええーどした?具合悪い???」
いや、具合悪いにしちゃ、姪3の声が怒ってる気がする。
「ううん、歯磨き粉ぐちゃぐちゃにして、USBガジガジに噛んでますがな」
なんだ…良かった。あ、良いことはないけど、ただの悪戯なら片付ければ済むだけの話だ。
(って、感覚ズレてるかしら?)
「怒ったら不貞腐れてコタツに入り出てきませんけど」
やるなーこみき、コタツを隠れ蓑アイテムに使うなんて。
「とにかく、なるべく早く帰って来てください」

ことの顛末は、姉が「レコ大にチャンミン出てるわよー」とウチに教えに来てくれたら、ベットでこみきが悪戯パレード。
姉がなだめすかすも歯磨き粉を離さない→姪3にヘルプを求め→おやつ片手に確保。
ところが、ガジガジのUSBを見て驚き→叱ったらコタツに避難され→やり場のない怒りで連絡してきた模様。

まったくね~
ご一緒したワン友さんのお宅は、同じ犬種と思えぬほど穏やかな子達でお恥ずかしいかぎり。
(ってウチがヒドイだけ?)
「久しぶりにふたりで出かけちゃったから悪戯したのかも」
なーんて、言い訳してみましたが、「うちもそうだったよーすごい吠えてたもん」って慰めてくださいました。
今年中に会いたかったので、会えて嬉しかったわん。

おまけ
[PR]
# by komikimaru | 2011-12-30 22:43 | 愛すべきこみきのこと
年の瀬を迎え、まちの気配も慌ただしくなってきましたね。
昨日は、市場へ買物に行ったのですが、近年のお正月は日本に居なかったので(うわーイヤラシイ)独特な雰囲気にちょっとついていけません。

今年はいろんなことがありました。

3月に愛犬まじゅぅが咳をすると思ってたら、3日後には、脳障害をおこし、ケージの中で立ちたくても倒れてしまいもがき叫びました。
その夜は長くて、無力な自分と苦痛と悲痛の叫び声を聞くたびにただ抱き上げて泣くことしかできませんでした。
翌日には意識がなくなり、その翌日の震災の起こる早朝に病院の酸素室でしたが、私のそばで旅立ってしまいました。
苦しんだのはたった1日で、獣医さんも驚くほど急に旅立ってしまって、今でも信じたくないし、まじゅぅのぬくもりを感じたくて仕方なくて思い出してはポロポロと泣いてる日も少なくありません。

そして、その10日後には、相棒こみきが倒れました。
食欲が最大欲のこみきがご飯を食べないという状況で、獣医さんへ駆け込むと重症の免疫介在性溶血性貧血という病気でした。
幼い時から一緒に居たまじゅぅがいなくなって、こみきも淋しかったんでしょう。
地震のショックもあったと思うし、余震が続く中も今までは2頭だったのに急にひとりで心細かったのかも…
真相はこみきしか分かりませんが、とにかく環境も変わって突発的に免疫のスイッチが狂ったと思われます。
ここにも記録してますが、幸いにして迅速に大学病院に転院でき、多方面からの治療をしていただき、こみきは再び私のもとに帰って来てくれました。

たてつづけに2頭の危機は、キツかったです。
こみきが回復していくのは嬉しかったのは当然ですが、まじゅぅを失った悲しみもどんどん増えていきました。
なにしろ、こみきは危険だし、まじゅぅを悲しんでる状況がなかったから。
そして…
今年は震災で多くの方が犠牲となりました。
そんな中「なにを犬ごときで…」と、お叱りも受けるかもしれません。そう、この薄っぺらな偽善者っぽい考え方に自分で苦しみました。
犬ごときで泣いてるんじゃない!そう思うのは独りよがりだし、人には考え方の温度差もあります。
他人からみれば、犬ですので、悲しいのは自分、この悲しみは自分だけとわかってます。

ですが、こんな私を友人たちは理解してくれました。
ここにも、もうひとつのサイトにもコメントを入れて励ましてくれる友人、そっと時期を待っていてくれた友人、ここを読んで一緒に泣いてくれた友人。
優しい励ましのメールをくださった友人もいました。
ひどく凹んだ1年でしたが、無事に乗り切れたのはみんなのおかげです。
ありがとう!心から感謝してます。

しかしながら、新年のあいさつはできそうにありません・
失礼は承知の上で賀正のご挨拶は遠慮させていただくことにしました。
リアルなお友達、申し訳ありません。
どうぞ良いお年をお迎えください。
[PR]
# by komikimaru | 2011-12-28 01:37 | ひとりごと

こみき、9歳と大学卒業

こみきは、9年前の12月12日、おいっちにーおいっちにーな日に♀2頭と♂1頭、東京の江戸川区瑞江のブリーダーさんちで生まれました。
発育が良いので早目のお迎えでもOKとブリーダーさんがおっしゃったとのことで、見学に行って気に入ったら連れてこようと思ってブリーダーさん宅に伺いました。
初対面で私が着てたパーカーのフード部分の紐を、じゃれてガジガジ噛んで「ひゃー可愛い!うちに来たいのね♪」とやや勘違いに近いかたちで運命の子となった訳です。
カジカジ噛むのは特技だったらしく、なんでも噛む(私を含む 涙)破壊女に成長し、3ヶ月後にまじゅぅが来てからは、アピールに必死で、アピールの仕方も“”怒る・吠える・噛む”
そんな感じで仔犬時代は手を焼きまくりでしたが、反面どんどん可愛くなってたのも事実です。
皮膚炎と軽度の腰痛以外はまったくもって健康体でした、今年の3月までは。
「免疫介在性溶血性貧血」
突然に免疫のスイッチが狂って、赤血球を壊して貧血をおこす怖い病気です。
こみきは記録してる通り、かなり重篤な状況だったので、9才の誕生日を迎えられたのは奇跡だと思えます。
まじゅぅは8才の誕生日を目前に居なくなってしまったし、こみきも命が危ぶまれたから、今年の誕生日は特別な想いがあります。

そして翌日は、大学病院の検診日でした。
検査結果はすべて正常値になり、晴れて大学卒業となりました。
(大学病院ですが、そうカタイ事いわないの~)
大学病院では検査の後にいったん飼主のもとに返されて、その後にまた主治医に呼ばれて所見を伺うシステムです。
今日も検査後は担当医がこみきを連れてくるはずだったらしいのですが、入院中に噛んでしまった先生が担当をはずれたのにわざわざ連れて来てくれたそうです。
今の担当の先生がおっしゃるには“こみきに思い入れがるから、私が連れていく”と言ってくれたそう。
先生はクールビューティであまり感情を表に出さないタイプとお見受けしてたし、何より大事な大事な先生の手を噛んじゃったのに…
入院も長かったし、先生もきっと想うことがあったんでしょうけど、ありがたいことですね。
主人からその話を聞いて泣いてしまいました。

皮膚の状態があまり良くないので、1ヶ月間薬を出されました。(1日おきプレドニン5m)
「心配なら隔月で来ますか?」とも言われたらしいけど(笑)
私の鬼ばばみたいな顔が目に浮かんで「いや、結構です」とやんわりお断りしたそうです。
そりゃね~1回行けば諭吉がヒラヒラの大学だもん、鬼ばばにもなりますって。

誕生日の次の日に、BIGな誕生日プレゼントをいただきました。
余談ですが、まじゅぅが居なくなって淋しくてポロポロ泣いていると、今でもこみきはすっ飛んできてなぐさめに来てくれます。
特に寒くなった夜は、まじゅぅと一緒に寝てたので淋しさがこみ上げて、ボロボロ泣けてきてしまうのですが、気づけば隣でこみきが寝てくれるようになりました。
心優しい私のソウルメイト、贅沢は云わないので穏やかに年を重ねていって欲しいです。
[PR]
# by komikimaru | 2011-12-18 11:44 | 免疫介在性溶血性貧血(IHA)

リベンジ

パン、リベンジしてみました。
冷蔵庫の片隅に“ドライブルーベリー”がひょっこりあったので、一緒に混ぜて焼いてみました。
昨日はパンはこってり系だったのですが、今日のパンはブルーベリーのトッピングがあるのであっさり系にしてみました。
そして、昨日はオーブンの温度をレシピ通りに設定してみたのですが、今日はオートの“簡単パン”にしてみました。
すると、焼きあがりが良い感じ!!
んーなんだかオーブンに負けた感があるけど、美味しそうにしあがりました。
f0203249_1934178.jpg

[PR]
# by komikimaru | 2011-11-30 19:48 | じぶん日和

あらま…こげた

土日、連ちゃんでパン教室に行ってきました。
土曜日も日曜日も、こねてからパンの形を作る“成形”(←字のまんまじゃん)で四苦八苦しました。
もうパン作りなんかキライだーー!って思うほど。と、いうのは子供じみてますが…ちと思っちゃったんですもん。
ちょうど明日のパンもないので、家で復習がてらパンを作ることにしました。
家で焼くのは成形のない食パンがいいな~
で、思いついたのが、シリコンスチーマーで作るパン。
我家はキッチンにモノが多くて狭いから、パンをこねる作業が大変。
シリコンスチーマーを使えば、その中で混ぜるだけでこねる必要もないから楽勝です。

が…仕上がりは撃沈。
味は良いのですが、ぎゃー見事にコゲました~~
f0203249_21121698.jpg


「バターがないんだよねー」と話したら、会社でお隣の席の子が買ってきてくれました。
お礼にパンを焼いて「バターのお礼。焼いたから食べてね~」なーんて、言ってみたいところですが、こんなんじゃ、人様には食べてもらえましぇん。
こみきはオーブンレンジからバターの香りで右往左往の大興奮でしたが、こみきならコゲコゲでも喜んで食べてくれそうですけどね。
[PR]
# by komikimaru | 2011-11-28 21:19 | じぶん日和

ソウルに行ってきました

11月のギリギリ極寒になる前のソウルに行ってきました。
10月の姉とバリ旅行の際に「こみきは、ちゃーんとみててあげるから、11月はソウルに行こうね♪」と、姪3に交換条件を出されまして(笑)
本当は5月に旅行するはずだったけど、こみきの病気でみんな旅行気分は吹っ飛んでしまったしね。
こみきは先日の検診でも良い結果が出たし、タイムリーに夫の現場も家から近くなったので帰宅が早いこの時期にカジャ!(韓国語でLet's go!)

去年の5月に引き続き、姉と姪3と私の3人で2泊3日。
今回は、珍しくショッピングはほんのちょっぴりで(化粧品は買いましたけど…)美味しいものをたくさ~ん食べた旅行でした!
そして、ソウルで一番忙しいタクシードライバーのO氏に連れてきていただいた紅葉がすばらしい絶景!
実は食後の運動だったりして…あはっ。

f0203249_22173429.gif

[PR]
# by komikimaru | 2011-11-21 21:46 | たび@2011.Nov.SEOUL
免疫介在性溶血性貧血のこみき、先月の結果も良くてステロイドが一日1錠、免疫抑制剤のイムランが2日に1錠に減量されました。
なにより、ステロイドの副作用で肝臓の数値が尋常じゃなかったのですが、ようやく正常値になりました。
この結果は何より嬉しくて、脱毛してほやーほやの毛並などはどーでもよくなりました。
現状は、脱毛もおさまって、もちろん前ほどモコモコという訳にはいきませんが、ずい分と毛が生えてきてコッカーらしくなりました。

さて、大学での検診の結果です。
検査結果
・白血球数(WBC)
(体内に侵入した細菌、異物を処理する働きをしています/正常値 … 6000~17000個)
こみき退院時:61720→1ヶ月前10210→本日16370
・ヘマトクリット値(正常値 … 37~54%)
こみき退院時:34%→1ヶ月前40%→本日40%
・トータルビリルビン(黄疸の数値・正常値・・・0.1~0.5
こみき退院時11→1ヶ月前0.4→本日0.4


プレドニン5㎎(1日おき)

肝臓の数値
・GPT(トランスアミラーゼ)(ALT)
(肝臓に含まれる酵素)  肝細胞が壊れると血液中に出てきます。肝機能の指標として検査します)
正常値 … 15~70IU/l
高い:肝硬変、肝炎、脂肪肝胆道閉鎖(胆石、胆のうガン、胆菅ガン)、溶血性貧血、急性すい炎レプトスピラ症
●こみきの退院後の一番高い時:777→1ヶ月前57→本日63

・ALP(アルカリポスファターゼ)
(胆道、骨に含まれる酵素) 胆道の細胞、骨の細胞が壊れると血液中に出てきます。胆道疾患、骨の疾患の指標として検査します。
正常値 … 20~150IU/l
高い:胆道閉鎖(胆石、胆のうガン、胆菅ガン)骨の病気(副甲状腺機能亢進症、骨肉腫)、甲状腺機能亢進症
●こみきの退院後の一番高い時:6837→1ヶ月前182→本日145

すっかり数値的にも健康体です!
薬も飲ませ忘れちゃうくらい減って2日に1錠なんて、薬の数が多過ぎてわけ分かんなくなったころに比べたら夢みたいです。
そしてそして、来月の結果次第で大学卒業でーす。
喜ぶのはちょっと早いけど、リーチでもとても嬉しいですから、来月までカウントダウンしたいくらいです。
それに…元気になった証拠といえば聞こえはいいですが、最近は診察室で大泣き、いや大吠えしてるようで、付き添いの夫も恥ずかしい様子。
コッカーの吠え声って思いの外大きいですから、違う意味でも有名になりつつありで、とっとと大学とおさらばしたいですよ。
さて、来月の大学検診の日は、こみきの9歳の誕生日の翌日です。
卒業のプレゼントがもらえるといいね~
[PR]
# by komikimaru | 2011-11-14 20:27 | 免疫介在性溶血性貧血(IHA)

ハイジの白いパン

ほんのなりゆきと、少しばかりの好奇心で最近パンを習い始めました。
まだ教室は2回目ですが、お仲間が少し前に「自己啓発」で習い始め、ハマって誘われたのがきっかけです。

今までは教室でしか作ってなかったのですが、今日は家で作ってみました。
品薄でバターが手に入らなかったから教室の復習はできなくて、ノンバターのレシピ本があったので挑戦してみました。
ところが、牛乳が入ったから生地がなかなかまとまらなくて、手はもちろんあっちこっちに生地がべっとり。
「もぉ~大失敗かも?」と泣きが入りましたが、ふと教室で他の生徒さんも同じように嘆いてたのを思い出して「おーこれか」ってな余裕っぷりでまとめて、焼きあげました♪
「ハイジの白いパン」(レシピ本より)
f0203249_231624.gif

中はしっとり、外はカリっと、おいしく焼きあがりました!
焼き立てのパンの香りって、幸せがあふれてますね~
焼きあがりの瞬間はプレゼントでももらえるようなワクワク感があるし、発酵して大きくなってくパンはいじらしくて可愛らしいし。
すでに私もパン作りにハマってしまったようです。
[PR]
# by komikimaru | 2011-11-08 23:05 | じぶん日和

出発はやっぱり羽田

今回のバリ島は、いろんな意味でリフレッシュ旅行。
トラベルパートナーは、バリ島ヴァージンの姉です。
どうやら妹の私のバリ話を毎年毎年聞き、話だけでお腹いっぱいになって行った気になってしまいアンチバリだった模様。
しかし、夫が毎年泊まってるお気に入りホテルに姉を招待したいとのことで背中を押してくれました。

年末年始の時と同様、シンガポール航空の羽田発深夜便を利用しました。
その日は定時まで仕事して、帰宅して軽くシャワーして、ご飯を食べて電車に乗るところ、さすが雨女シスターズであいにくの雨。
夫に車で送ってもらいました。
深夜便なので、羽田空港のショップも終わってるところがほとんどで、さっさとゲートへ。
お~ぉ、こちらが今日の飛行機です。お世話になりまーす。
f0203249_18551623.jpg

残念なのことに、新しい機体ではなかったようでモニターも小さいしゲームも古いし、ちと残念。
搭乗してから1時間半で軽食、到着2時間前くらいに朝食が配られるのですが、いずれも真夜中と明け方なので私は特別食のフルーツを事前にリクエスト。
ネットからもリクエストは可能ですが、私はアレルギーもあるので電話でお願いしました。
姉は機内食好き(笑)というか、シンガポール航空はメニューこそあるものの、何がいただけるかという楽しみも旅の楽しみの1つだそうで、あえてリクエストはナシ。
特別食の人のシートにはシールが貼られ、名前と内容を確認されてから先に配られます。
f0203249_1920995.jpg

f0203249_19292764.jpg

寝るぞ~って思ったところで、やけに揺れたりして意外と寝れません。
機内では字幕を読むのが億劫なので、お久しぶりの黒田外交官「アンダルシア」と「うさぎドロップ」を立て続けに観ちゃいました。
やっとウトウト…と思ったら、機内が明るくなって朝食です。
f0203249_19463521.jpg
f0203249_1947064.jpg


こうしてやっとシンガポールに到着で~す。

蘭のオブジェがいつもキレイです.
奥に映ってるモニターはあちらこちらにあって、トランジットにはわかりやすく強い味方です。
f0203249_1954040.jpg

f0203249_202888.jpg

トランジットが3時間あるので、空港ですっかりファンになったカヤトーストをいただきましょう。
薄切りトーストに栗ジャムのようなココナッツジャムが塗ってあり、温泉卵をつけていただきます。
コーヒーは練乳ミルク入りで、濃ゆーく寝不足の体にしみました。
f0203249_19575983.jpg


そして、シンガポールからバリのデンパサール空港までの飛行機に乗り込みます。
ゲート前はヨーロピアンが多く、搭乗前からリゾート感ムンムン。
出入国カードに“滞在日数”を記入するのですが「何週間だっけ?」「3週間よ~」と言ってる初老のご夫婦がいらして、羨ましくもあり、憧れでもあり、きっと時間じゃなくて楽しむすべも知ってらっしゃるんだろうな~と妄想しておりました。
さすがにそろそろ眠くなってきました。
バリに入国する際にビザを買う必要なのですが、飛行機から早く降りて買うために前方の席をリクエストしてました。
これが見事に仇になりました…この便はベビィの搭乗率高し。
前方の席にはバシネット(ベビィベット)が取りつけられ、ベビィが集合する訳で、この便ってばベビィズの泣き声大合唱となったわけです。
大人だって気圧の変化や、飛行機の音は気になるものですからベビィは泣いて訴えるのも仕方ないです。
がしかし…ごめん、オバサン眠いのよーーー!!
ホント、ごめん。感じ悪いけど耳栓するね。
(耳栓は、以前機内で中国人の団体と一緒になってからは、必須アイテムです。オススメです。)
[PR]
# by komikimaru | 2011-10-22 17:46 | たび@2011BALI(UBUD)

バリ島に行ってきました

バリ島へ行ってきました。
バリ島は何度も訪れているのに、はじめて「ティエタ・エンプル」に行ってきました。
ティルタ・エンプルとは「聖なる泉」と言う意味。
10世紀~14世紀に栄えたワルマデワ王朝の遺跡。タンパクシリンに位置し、この寺の内部には尊い聖水が湧き出る泉がある。泉の底からは砂や小石を巻き上げながら聖水が湧き出している。
こちらで沐浴をすると身が清められ、健康になると言われています。
ならば、ぜひ!
こみきの代りに、お祈りをして沐浴をしようと決めていました。
連れて行ってくれたのは、古くからの友人で代理店で仕事をしてた時の現地ガイドのNUKAさん。
一緒にお供えを買って、礼拝の仕方も教えてもらいました。
神様は言葉を持たず、心で会話ができるから大切なのは“気持ち”ということも。
f0203249_21185840.gif

こみきの病気の治癒と健康をお祈りして1周。
f0203249_21294669.gif

ところが、真剣さが足りない!とNUKAさんに指摘されて2周することに。
(作法が分からず、お隣のローカルのまねをしてただけなんだけどなー)
お隣にはIBU(ご婦人)がいらしゃったので、お手本にさせていただけました。
f0203249_2165893.gif

「何度もバリ島には来てるのに、なんでもっと早く来てまじゅぅの健康を祈ってやらなかったのか???」
と2周目で気づき、まじゅぅのことを思い出して涙が止まりませんでした。
しかし、ここは後悔する場所ではないですし、今、まじゅぅのために祈れるのは、良いところへ神様に導いてもらうこと。
きっと2周したことは意味があったんですね…
心が少し楽になりました。
[PR]
# by komikimaru | 2011-10-12 21:40 | たび@2011BALI(UBUD)