溺愛してる愛犬アメリカンコッカースパニエル“こみき”のこと&ひとりごとや旅行のお話


by komikimaru

こみき、元気

今朝、コッカーの犬友達からラインが入りました。
愛犬が溶血性貧血になり、情報収集してるとこのブログにたどりつかれたとのこと。
ワンちゃんの異変に気づかれ、お近くの名医と言われる獣医を訪ねたところ誤診があったそうです。
セカンドオピニオンでこの病気が発覚したとのことですが、この病気は一刻を争うと言われた記憶があるのです。
時間の経過が心配でしたが、愛犬の異変を早期発見され、最初の診断で不信感を抱き行動を起こされた。
きっと精神的にも大変だったことでしょうに、飼主さんの適切な判断はご立派です。
現状は、セカンドオピニオンのステロイド治療で貧血の数値は上向き傾向とのご様子です。
なんとしてもこのままで、回復して欲しいです。

ありがたいことに、飼主さんは、こみきの様子も気にして下さってました。
3月で発病3年となりますが、再発もなく元気にしております。
どのくらい元気かというと・・・カットしていただいてる犬の美容室で、大暴れして途中で帰宅しました(笑)
昨年の12月に11歳になり、頑固に拍車がかかり、気に入らないと口がでるようになりました。
(早い話、咬みつくってことです。えぇ、結構痛いんですよ)
目も耳も不自由だけど(だから?)食事の時間だけが、とって~も嬉しいみたいで、しっぽが竹コプターみたいに回ってしまいます。
お誕生日のケーキは憧れのロビナさんでオーダーしました。
とっても美味しそうなお芋のケーキです★
f0203249_22184761.gif





流行りにのった訳ではないけど、フェイスブックばかりで近況報告してました。
「ブログ更新してないじゃん」とか「ブログ見たよ~」とか言われるのがやや面倒になってたから、特定の友達だけに見せられるFBの方が楽かと思いきや、同じように言われること多々・・・
旅行は口コミやブログで参考にさせていただくことも多いので、B型だからボチボチだけど更新しようと思います。
実は先週、バス旅行にてすごいハプニングに合いまして、お口がムズムズしてるんですーー
[PR]
by komikimaru | 2014-02-01 21:23 | 免疫介在性溶血性貧血(IHA)