溺愛してる愛犬アメリカンコッカースパニエル“こみき”のこと&ひとりごとや旅行のお話


by komikimaru

半年ぶりにかかりつけの獣医さんへ

大学病院の検診の翌日、報告とフィラリアの薬をもらいに、かかりつけの獣医さんへも行きました。
すると、ご自分でもおっしゃる「週に1度だけの出勤で“レアなキャラ”」で、“こみきの愛するアニマルナースの大森さん(仮名)”が出勤されてました。
こみきが大病する少し前にお辞めになられて、最近はヘルプ要員でレアに出勤されてるご様子。

免疫抑制剤の薬を飲んでるので、獣医さんへは連れて行きたくない気持ちもありましたが、ムショーにこみきに会ってもらいたくなって、連れていくことにしました。
そうは言っても獣医さん、遊びに行くところではないので爪切りをお願いしました。
(爪切りは私できませんし…恥)

彼女とはこみきが仔犬時代からのお付き合いです。
いつしか超がつくほど大好きになって、声を聞けば耳が上下に、顔を見たら嬉しくておしっこをチビります。
(犬飼いの人はコレを嬉ションと言います)
犬を飼ってる方はご承知でしょうが、嬉ションは仔犬によくある行動で、当初はその延長だと思ってたものです。
が、こみきは5才になっても、6才になっても7才になっても彼女に会えば嬉ション。
本当に申し訳ないのですが、こみきは他の方だと上から目線になって威張るのに対して、彼女にだけは模範犬で何でもさせますし、好き好きビーム炸裂。
もちろん、絶対の信用はありますが「え?私にも同じようにしようよー」って思ったことはしばしば。
そんなことを待合室で思い出してましたが、こみきってば、待合室でも彼女の声でソワソワ。
見ててもいじらしくて、可愛らしいんです。

そして、会った途端…

じゃーーー(←嬉ション音)

いや、驚きました!!
病気になってから嬉ション初めて。
もう嬉ションしないと思ってましたし、大病しても彼女のことは忘れてなかったのもスゴっ。
院長は他の患犬さんのエコーしながら
「こみちゃん、大森に会えてそんなに嬉しいんだ~」って大笑い。

案の定、大森さんマジック炸裂でちゃんと片足ずつお手して、爪切りバチンバチンってあっという間に終了。
「こみちゃんが大変だったのは、お顔が白くなったのが物語ってますね」
と、ゆっくり撫で撫でしてもらって、ウットリしつつも、ドヤ顔して私を見てるんですけど。ったく…

ちょうど、他の獣医さんが学生さんを連れてこられていて、奇跡の生還をしたこみきを紹介して下さいました。
今までの経過をカルテと持参した検査表をご覧になって、やはり迅速な処置と、強い生命力あっての生還だとおっしゃってました。
大学病院に入院した重篤と言われた時、貧血の数値が正常値37~54%のところ、私は7%だと思ってましたが実は6%でした。
「10%切って生きてた症例ははじめて見た」とも。
こみき、本当によく頑張ったんだねー
[PR]
by komikimaru | 2011-09-18 00:58 | 免疫介在性溶血性貧血(IHA)