溺愛してる愛犬アメリカンコッカースパニエル“こみき”のこと&ひとりごとや旅行のお話


by komikimaru

通院8回目

免疫介在性溶血性貧血のこみき、前回は結果が良かったので1ヶ月後の検診となりました。
元気ですし、あまり変化はありませんが、爆毛だった毛が抜け落ちて薄毛になってます。
薬の服用が長期化してるせいでしょうかね。
こみきはパピーのころから、おしっこをする時にまるでお座りをするように深く腰をおろしてしまうので、フルコートにするとフレグランスがとっても残念。
だから薄毛でも飼主的にはシャンプードライが楽になって構わないのですが、抜け毛がすごくて掃除のおさぼりができません。

検査結果
・白血球数(WBC)
(体内に侵入した細菌、異物を処理する働きをしています/正常値 … 6000~17000個)
こみき退院時:61720→1ヶ月前12830→本日12190
・ヘマトクリット値(正常値 … 37~54%)
こみき退院時:34%→1ヶ月前37% →本日40%
・トータルビリルビン(黄疸の数値・正常値・・・0.1~0.5
こみき退院時11→本日0.4

プレドニン5㎎(10日間は10㎎)
ファモチジン20㎎
イムラン12.5㎎

すごいすごい!ヘマトクリット値が初の40%です。
ステロイドを減量しても数値を上げたので、10日後にはもう5㎎の減量となります。
同時にステロイドの減量で、肝臓の数値も下がったから肝臓の薬も飲まなくてよくなりました~
安心するのはまだ早いと気持ちにブレーキをかけても、最悪な7%の状態から良くなってきてるんだから嬉しいです。
これからも薬に頼ってた身体の変化に気をつけないといけませんが、人間と同じで疲れやすくなったり、今も後脚の筋力低下で滑るようになってます。
あぁーでも良かった良かった。

大学病院の担当医の変更がありました。
私とこみきは(え?)チャンミン似のDr.を希望したのですが、女性の優しそうな若いDr.になりました。
いつも血液検査の結果表をいただきますが、全項目記載してくださり几帳面な方とお見受けしました。
女性の先生には、上から目線になるこみき…ちゃんと言うこと聞いてくれー
次回は1ヶ月後、発症半年になります。
[PR]
by komikimaru | 2011-08-10 15:08 | 免疫介在性溶血性貧血(IHA)