溺愛してる愛犬アメリカンコッカースパニエル“こみき”のこと&ひとりごとや旅行のお話


by komikimaru

こみきの病状2

今朝の検査結果は、会社のトイレで聞きました。
貧血の数値は横ばいで、輸血なしでも頑張って血を作ってる様子が顕微鏡でも見られたとのこと。
黄疸の数値も昨日より下がったようで、血栓が怖い血小板も少し上がりました。
とはいえ、まだまだみたいで、この病気は上がり下がりがあるので、危険は危険です。
危険と言われても、横ばいでも悪くなってなきゃヨシです。
「あじがどうごじゃいます」
最後は言葉にならずに、トイレで泣いちゃいました。
仕事帰りに面会に行きました。
もちろん面会時間外だから、一刻も早く行かないとってことで5時サッサで主人の車の中には3分後に居ました。

こみきは診察室でフラフラしつつもお座りして、主人を見つけると寄ろうとしてコケてました。
夕方の検査結果も数値的には横ばいでしたが、悪くなきゃいいんです。

ヘマトクリット値
 (Ht または、Hct) 血液中、赤血球が占める割合。血液の濃さをあらわしています
  正常値 … 37~54% (施設によって違います)
  高い :  多血症、脱水(下痢、嘔吐、多尿など) 
  低い :  貧血

こみき…17%

昨日よりは元気もあるし、なんと吐き気がおさまったからと流動食を食べたそう。

待合室では主人に抱っこされて、周りを見る余裕も出てきたし、私が流動食で汚れた耳を拭いたら怒られて吠えられてしまいました。
ひょえー吠え声を聞いたのは何週間ぶりでしょう。
今夜は酸素室に入って、明朝からは通常のケージに移動するそうです。
お願い、頑張って。
[PR]
by komikimaru | 2011-03-25 12:09 | 免疫介在性溶血性貧血(IHA)