溺愛してる愛犬アメリカンコッカースパニエル“こみき”のこと&ひとりごとや旅行のお話


by komikimaru

2009.BALI その11(ガラディナー@カウントダウンパーティ)

バリのホテルに限らず大晦日は、宿泊者に「強制ガラディナー」というシステムのホテルがあり宿泊代の他にガラディナー代を先払いさせられます。
これが意外と高かったりして、お金だけ払ってパーティに出ないのはかなり悔しい選択です。
(昨年インフルエンザでキャンセルしたランカウイ島のガラディナーは、ひとり160ドルでした。か・返してくれー)

実は以前バリで宿泊したPというホテルは、強制ガラディナーだったので拒否するのももったいなく参加しました。
結果的に、つまらない想いをして途中退席しました。
人それぞれですが、どーにも小馬鹿にされてるとしか思えない感じで、席は最初から決められていて、日本人とアジア系のゲストは柱の後ろの席に固められました。
中央には欧米系のゲスト。
料理はビッフェでしたが、ゲストの人数には満たないほどの量でとっととなくなる始末。
ステージはやる気のないバリダンスからはじまり、あまり上手くない歌手の歌を延々と聞かされ、ラッキードロー(抽選会)の当選者は中央のゲストからしか出ず…
あまりにもつまらないは、料理はないわで途中退席し部屋で紅白観てました。
ホテルの印象は人それぞれですが、そこはチェックインの時から荷物はうちのガイドに運ばせたり、スタッフの感じの悪さで嫌~な思いをしてたので、ガラディナーに関しても激しくトラウマが残りました。

前置きが長くなりましたが、バリハイアットは良心的にもガラディナーは自由参加。
(HISで来たツアーの方は強制参加だったようで、日本で払われて17000円と聞きました。現地で頼むよりちょっとお得ですね)
メニューはこんな感じですが…料金が税・サ込みだと200ドルですよ!ふたりで400ドルって…奥さん、どう思います?

「仕事の兼ね合いで、年末年始の旅行は今年が最後かもしれないな~だから参加しよう」
ある意味淋しくもある夫の鶴の一声で参加することになりましたが、今回はお値段も結構イイじゃないですか。
以前のガラディナーが頭から離れず…意地でも“最後まで参加する”を絶対条件として途中休憩できるように、お部屋は会場近くのハイビスカスコートをリクエストしたってわけです。

******メニュー*****
2009年12月31日 木曜日
A Night Under the Starsナイト アンダー ザ スターズ
メインロビー
午後7時30分~午前1時
<カクテル> 時間:午後7時30分~ 場所:チュパックビストロ 
<ディナー/エンターテイメントショー> 時間:午後8時30分~午前1時 場所:メインロビー
メインロビーで行われる「ナイト アンダー ザ スターズ」で新年を迎えましょう。チュパック ビストロでのカクテルとカナッペから始まり、メインイベント会場のロビーへと移ります。

素敵なジャズ演奏を聞きながら、本格インドネシア料理、洋食、選りすぐりのデザートを含むインターナショナルビュッフェをご堪能いただけます。

バンドの生演奏による60年代、70年代、80年代の懐かしのヒット曲、DJの選曲によるダンスやエンターテイメントショーをお楽しみください。

US$ 175.00(税金・サービス料別)/大人
US$ 88.00(税金・サービス料別)/子供(6歳以上12歳以下)
*料金には、夕食前のカクテル、パーティの間のビール、ジュース、ソフトドリンクが含まれています。

*****
パーティはフロント(メインロビー)全面を使って行われるため、参加者以外は宿泊者といえども入れませんし「どんなもんじゃ?」とも覗けないようになってました。
しかし、ホテルのレストランでも思考を凝らしたメニューやサービスもあるので「夜更けまで付き合ってられん!」って方も大晦日気分は味わえると思います。

ガラディナーの席は座席表から自由に選ばせてくれました。
「会話に自信がないので日本人が多いところが良いです。が、ファミリー席はパス(←昼間のプールが尾を引きました)」というリクエストをしました。
ところが、一度決まった席には「子供さんが居た!」と私たちを必死に追いかけて、熱心にリクエストにこたえてくれた彼女とカクテルパーティで再会。
彼女、日本語はNGだけどすごーく親切で大好きになっちゃった。
f0203249_2432347.gif


なんせ時間が長いガラディナーということで、カクテルパーティも終わり寸前で駆け込みました。
が、予想に反して大勢の人で賑わってるし、すでにガムラン隊も居たりして楽しそう。
そのガムラン隊に、ゲストがパーティ会場へと先導されて行くのですが粋な演出にテンションがあがります。




すでに熱気ムンムンな様子。
お料理の写真を撮り損ねましたが、和食は大人気のお寿司やお刺身、濃厚な生牡蠣もズラリと。
ステーキやらシーフードやらも量質ともにバランス良く、デザートもスキップして取りに行っちゃうほどの充実っぷりでした。
f0203249_2585158.jpg

ステージ前では、特設ダンスフロアーで大盛り上がり中
f0203249_2595873.jpg

アバのメロディにたまらず踊りだしちゃった♪(写真を撮るために端っこに居ますが、ずっとセンターで踊ってましたよ!って夫ですが…)
f0203249_2591797.gif

そういう私も、ホイットニーのナンバーでこわれはじめました。
f0203249_31651.jpg


私たちの席にはジョンさんという欧米人が居らっしゃいました。
「げげげ…会話に困るから日本人席ってお願いしたじゃん!」って思ったのもつかの間「はじめまして!ジョンです」って、流暢な日本語でごあいさつしてくださいました。
そして、カクテルパーティで夫の実家とお家がすぐそばということでバリに居ながらにして船橋の話をしてたKY夫を嫌がらず、ニコニコ話を聞いてくださった感じの良いWさんカップルも同じ席でした。
ジョンさんご夫妻は最初っから、感じの良いWさんカップルも途中からダンスフロアーに飛び出して、カウントダウン前にはみーんな汗だく。
同じ日本から飛び出して、こうしてバリ島の同じホテルのダンスフロアーに飛び出すなんて…なんかいいなー
これもなにかの縁ですが、ご一緒できて本当に楽しかったです!

途中でラッキードロー(抽選会)があり、賞品は世界のハイアット宿泊券でした。さすが世界のハイアット!太っ腹です。
日本人にも当選者がいらっしゃいました~いいなー

いよいよカウントダウンというころには、インドネシアでかかせない紙のラッパが配られてウルサイけど盛り上がりは絶好調!
たしか30くらいからスタートして、5・4・3・2・1でステージから花火が鳴り風船が落ちてきました。
「蛍の光」で新年って変な感じだけど、ノリノリの蛍の光がBGMです。
スタッフもみんなで抱き合ってニューイヤーを祝ってたのは、スタッフ同志も仲がいいんだなーって、微笑ましい風景でした。
せっかくだから私も飛び入りしちゃった!
f0203249_3352250.gif

[PR]
by komikimaru | 2010-03-02 01:22 | たび@2009BALI(LOVINA)